細菌 兵器 コロナ。 新型コロナのデマに踊る人々に映る深刻な錯乱

武漢の研究所で細菌兵器?場所や日本で報道されない真実がエグすぎた!

⚔ 日本や中国では、中国本土でのコロナウイルスによる死者は2月6日時点で563人、感染者は2万8018人になったと報道されています。 新型ウイルスは武漢のバイオ研究所から広がった可能性が高まる 昨日から今日にかけて、アメリカのメディアではさまざまな報道が出されていまして、今まで私たちが知らなかった「生物兵器をめぐる地下活動」があからさまになってきています。

11

中国が極秘実施「武漢コロナ予行演習」(下)第2の細菌兵器「ニパウイルス」

👈 ここで、ウイルスの研究をしていました。 出典: ガーツ氏の話で出てきた「武漢国家生物安全実験室」は、2015年から建設され2017年に完成した研究所で、これまでエボラ出血熱やニパウイルス感染症などの、毒性の強いウイルスを研究している機関だということです。

中国の科学者が暴露「新型コロナ、武漢ウイルス研究所で作られたという科学的な証拠を発表する」(WoW!Korea)

✍ Keding Cheng博士は細菌学者であり、後にウイルス学に転向した。 In Deep. このような発信は、今次の新型コロナ禍への間違った認識を深めるばかりか、流言飛語の温床になっていることは論を待たない。

12

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

😂 例えば、2014年にアメリカに亡命して反中国活動を続けている富豪の郭文貴氏は、自身のメディア「郭媒体(GUO MEDIA)」のプロパガンダサイトを通じて「新型コロナウイルスが人工ウイルスであることを中国が認めた」と発表した(2月3日)。

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

👊 これも噂に拍車をかけているのだ。

中国が極秘実施「武漢コロナ予行演習」(下)第2の細菌兵器「ニパウイルス」

🤭 ただ、日本でのコロナの拡散は止まらないですね。

1

新型コロナウイルスは生物兵器なのか? 中国政権による細菌戦争の意図とその可能性を探る

🤲 ここからは、ちょっと陰謀論的な話になります。 ワシントン・ポストをはじめとする多くの主流メディアは、新型コロナウイルスは陰謀などではなく自然の産物だとわれわれを納得させ、それに反対する人々を頭のおかしい陰謀論者に仕立て上げた。 これは、完全に人類の間引き。

17