エコノミスト 表紙。 週刊エコノミスト 2021年2月23日号

【初の都市伝説系】エコノミスト2021表紙(The Economist 2021)を考察してみました。

😙 その他に、イタリアの財閥一族のアニェッリ家やキャドバリー家、シュローダー家、レイトン家と財閥が株主にいる雑誌です。 赤よりのオレンジ色で太陽っぽい絵が描かれていると思いますが、これはで日本を表しており、右上にコインを入れる部分があり、これは 日本は・多様性の推進によって多額のお金を出すことになる、もしくはカと中国に振り回されてしまうのではないのではないかと予測しています。

20

✨Great Reset~ エコノミスト2021表紙図から思うこと

🐝 そして、 「BREXIT」は「英国のEU離脱」です。

3

✨Great Reset~ エコノミスト2021表紙図から思うこと

🤙 秩序がどんどん失われ、大衆の暴徒化はエスカレートするということでしょうか。 2021年のエコノミスト表紙の中身は 2021年の表紙はこちらです。

18

英紙『エコノミスト2018』の表紙が“日本沈没と核戦争とイルミナティ支配”を予言! “不吉な暗示63”を一挙掲載!

📞 また、デザインは視力表で、日本ではおなじみではありませんが、スネレン指標がモチーフになっています。 またね. ワクチンの色、動画の中では緑色って言っていましたが、よくよく見ると、上の方は水色で、下の部分と針から出て雫になっている部分は緑色になっています。

【予言】エコノミスト 2020の表紙が強烈にヤバい! #2|Team YUAN|note

😛 もちろん、 日の出の可能性もあるが、安部首相の顔もなく、敢えて旭日旗をモチーフにしていることから日没=日本沈没を意味している気がしてならない。 そして各国首脳の中に安倍首相の顔がありませんでした。

4

【エコノミスト2021表紙についての考察】スロットマシーンの絵柄が暗示する未来

👎 (あくまで都市伝説です) 画像の出典元は、「The Economist」となります。

1

✨Great Reset~ エコノミスト2021表紙図から思うこと

☕ 冒頭三行の「The World in 2020」は同誌のタイトルだから良いとして、分析対象となるのは、その下の文字列だ。

11

【都市伝説】エコノミスト2021の表紙がヤバすぎる!|Team YUAN|note

🎇 レーンが止まる順番で数字の振り分けが変わるかなと思ったのですが…そこまでは流石にないですよね;金田一少年の世界じゃあるまいし 汗. そしてスロットの絵が来年にかかわる予言の事柄と仮定します。 スロット台のレーンは4つ。 2020年に開催するから注目ではなくて、開催されなかったということですね。

7