ショパン 国際 ピアノ コンクール in asia。 真由美先生より「ショパン国際ピアノコンクール in ASIA、今日までのまとめ」 : 管理人mariyurinopapaのhitorigoto (o^_^o)

第22回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA オンライン申し込みページ

😀 ご注意 ご利用の際にはセキュリティコード CVC の入力も必要となります。

3

第22回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA オンライン申し込みページ

👆 但し(しかしながら)、審査院長に列記とした本番での教授(審査員)陣が加わってある為、全く意味の無いコンクールでは有りません。 ミレニアムイヤーの2000年の第14回、中国のユンディ・リが15年ぶりの第1位に輝いた。 この回の特徴は、ブレハッチ以外の入賞者全員がアジア人だったこと。

申し込み方法

🍀 ヤマハのピアノがこの回から公式ピアノに加わり、ドキュメンタリー映像に、調律技術者の村上輝久氏、瀬川宏氏らが深夜に及ぶピアノ選びの現場ですべてのコンテスタントの演奏を熱心に聴いてメモを取り、ファイナルでヤマハを弾くコンテスタントはいなくなったにもかかわらず、コンクールでは何が起きるかわからないと最後までピアノを最高の状態に調整している姿が映し出されている。 作曲家のドミトリー・ショスタコーヴィチ ソ連 も参加してディプロマを得ている。 審査員のアルトゥーロ・ベネデッティ=ミケランジェリは、田中希代子をもっと高く評価すべき、アシュケナージとハラシェヴィチの順位を入れ替えるべきと主張し、サインを拒否してワルシャワを去った。

13

申し込み方法

👋 日本の内田光子が第2位となり、これが現在に至るまで日本人最高位となっている。

14

第 20 回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA|株式会社ハンナ

👎 14日のアジア大会に備えてます。 1975年の第9回は、ハラシェヴィチの優勝以来20年ぶりにクリスティアン・ツィメルマンがポーランドに優勝をもたらし、才能豊かな新星の登場に聴衆は熱狂した。

5

申し込み方法

🤝音楽に対する真摯な姿勢を感じさせる自然な解釈、美しく気品にあふれた音色、あらゆる面で群を抜いた演奏で、ツィメルマン以来30年ぶりにポーランドに優勝をもたらした。 優勝者は19歳のスタニスラフ・ブーニン 19歳。 と、云いますのは、 ショパンのみを引き比べですから、レベル的には他のコンクールよりは試金石になり、優秀な生徒さんが選ばれてくると思います。

7